1. TOP >
  2. 多汗症

多汗症

汗止め注射で発汗を抑制し、多汗症の症状を改善します。汗のもととなるエクリン汗腺やニオイのもととなるアポクリン汗腺の働きを抑え、気になるワキの汗とニオイの悩みを解消します。

施術の特長

  • メスを使わずに多汗症を改善します。
  • 気になるニオイも抑えて悩み解消します。
  • ワキに注射するだけなので時間もかかりません。

施術概要

多汗症治療は「汗が気になるけど手術は怖い」という方におすすめです。緊張したり、激しい運動をしたり、辛い物を食べるなどの刺激で交感神経の働きが活発になると、 神経伝達物質(アセチルコリン)が神経より放出され、汗腺を刺激し汗が出ます。 汗止め注射は神経伝達物質(アセチルコリン)の放出を抑え、汗腺からの発汗を抑制します。

施術の流れ

カウンセリング・診察

多汗症の軽度・症状をカウセリングにてチェックします。

麻酔

汗止め注射部位へクリーム状の麻酔をします。20分~30分程度で効果が現れます。

施術

ドクターが施術部位をマーキングし施術します。

アフターケア

  • ・汗止め注射部位に、軽い針跡・内出血・部分的な腫れが1~3日程残る場合がありますが、徐々に目立ちにくくなります。
  • ・汗止め注射当日のアルコール摂取、激しい運動はなるべくお控えください。
  • ・治療効果の確認のため、2週間後にご来院いただきます。