1. TOP >
  2. 肝斑

肝斑(かんぱん)

トライアルプラン

肝斑(かんぱん)とは、両頬に左右対称に現れる褐色のシミです。 当院では、内服、外用薬に肝斑(かんぱん)レーザートーニングやトラネキサム酸導入を組み合わせて行っています。

<代表的な肝斑治療>

施術の特長

  • トラネキサム酸がシミの炎症を抑えることによって、シミが徐々に薄くなり自然に皮膚の色に馴染みます。
  • 肝斑(かんぱん)レーザートーニングやトラネキサム酸導入を組み合わせ、総合的に治療します。
  • ケミカルピーリングとの併用でより高い効果を発揮します。

症例※効果には個人差があります。


  • 施術前

  • 施術後

施術概要

肝斑(かんぱん)レーザートーニングにより、シミの原因であるメラニンを少しずつ壊していくことで肝斑(かんぱん)を少しずつ薄くしていきます。また、ケミカルピーリングで皮膚のターンオーバーを促し、シミの排出を早め、トラネキサム酸導入で肝斑(かんぱん)の炎症を抑えます。当院では、これらと合わせて、トラネキサム酸の内服によりメラニン生産を抑制し、肌状態を整え、体の内側からケアします。さらに、メラニン色素の生産を抑制するハイドロキノンと、代謝を高めメラニン色素を外に出すレチノイン酸が配合された美白外用薬を用いたオリジナルの施術を行っております。

施術詳細

”肝斑(かんぱん)”とは

両頬、額、下顎、上口唇(鼻の下)に左右対称に出るシミです。肝斑(かんぱん)は、薄いものを含めた場合、特に30代~40代以降の女性の約半数近い方に見られるごく身近なシミです。シミ取りを考える人の約40%の方にこの「肝斑(かんぱん)」があるといわれています。肝斑(かんぱん)は紫外線も強い発症要因になりますが、更年期やピル内服中などに出現したり、妊娠・出産時期に出現したまま改善しないこともあることから、女性ホルモンが関与していると思われますが、はっきりとした原因が特定されていないシミです。ですから完治はありませんが、肌質を変化させて色を薄くしたのち、色の薄い状態を維持することは可能です。肝斑(かんぱん)発生時は何となく頬がくすんだ感じがする程度ですが、放っておくとしだいに肝斑(かんぱん)の範囲が広がります。いずれ、頑固なシミとなりますので早めのケアが必要なのです。

肝斑治療後のアフターケア

肝斑(かんぱん)には、日頃からの注意・お手入れも必要です。日焼け止めなどで紫外線から肌を守りましょう。

しっかり保湿をして、肌の新陳代謝を高めましょう。

強く皮膚を擦る刺激は、肝斑(かんぱん)の出現を促すことがあるため避けましょう。洗顔時もやさしく洗いましょう。

肝斑(かんぱん)は一旦消えていても、完治という状態は難しいシミです。紫外線予防、処方された内服薬・外用薬で、肝斑(かんぱん)を予防していくことも重要です。

代表的な治療法

肝斑レーザートーニング

炎症を起こさせない専用レーザーを当て、余計な刺激を与えることなく蓄積したメラニンを少しずつ減らしていきます。回数を重ねるたびにメラニンの量が少なくなり、透明感のある肌へと導きます。

詳しくはこちら >>

高濃度ビタミンC点滴

内服では摂取不可能なレモン1250個分もの高濃度ビタミンC(アスコルビン酸)を直接体内に点滴し、血中濃度を急激に上昇させることで、身体の隅々までビタミンCが行き渡ります。抗酸化作用による美白 やエイジングケアの美容効果、疲労回復、免疫力の向上が期待できます。メラニン細胞の活性化を防ぐため、日焼け後のシミケアにも効果的です。

詳しくはこちら >>

ケミカルピーリング

フルーツ酸で優しく古い角質や毛穴の汚れを溶かし、肌の新陳代謝やコラーゲン生成を促進させることで、ニキビ痕やシミ、くすみ、ゴワつきなどを改善します。過剰な皮脂を抑え余分な角栓を取り除くので、ニキビの改善にも効果的です。

詳しくはこちら >>