1. TOP >
  2. ヒト骨髄幹細胞治療

ヒト骨髄幹細胞治療

PICK UP

さまざまな部位の細胞になることが可能な「人間の”幹細胞”」の力を借りて、衰えた皮膚を細胞レベルから新しく作り変える治療です。
治療で使用するサイトプロ(ヒト骨髄幹細胞培養液)には、肌が生まれ変わろうとするときに細胞同士が伝達し合う「生体信号物質=サイトカイン・成長因子」が配合されています。様々な方法でこのサイトプロを肌へ補給するとで、肌が生まれ変わろうとする信号が発せられ、細胞レベルから美しく健康な肌へと生まれ変わります。
シミやしわなど、肌表面に現れたトラブル一つ一つをケアする”対処療法的な治療”とは違い、そもそもトラブルが現れにくい肌を作ることができる画期的な治療法です。

施術の特長

  • 肌悩みを問わず、衰えた肌細胞に生まれ変わる力を与え、肌の再生力を高めます。
  • FDA規制に準拠した管理体制のもとで採取・培養・保管が行われたヒト骨髄幹細胞培養液を使用します。
  • 若返りの「生体信号」のみを抽出し、細胞や細胞残留物を一切含まないため、拒否反応が起こりません。

施術詳細

サイトプロ(ヒト骨髄幹細胞培養液)に含まれる「サイトカイン・成長因子」が、老化した肌を修復できる理由

ヒト骨髄幹細胞に含まれる「サイトカイン・成長因子」は、ヒトの体内にもともと存在するタンパク質の一種で、細胞同士のコミュニケーションを司る「生体信号」の役割を果たしており、私たちの身体はこの生体信号を細胞間でやりとりすることによって、細胞の増殖・分化・機能発現などを行っています。

若い肌には、「サイトカイン・成長因子」が豊富にあり、細胞間の生体信号のコミュニケーションも潤滑で、細胞の増殖・分化などが活発に行われますが、年齢を重ねるにつれて「サイトカイン・成長因子」は劇的に減少します。
そして細胞間のコミュニケーションが取れなくなった肌は、新陳代謝が衰え、停滞し、シミやしわを発生させます。

「サイトカイン・成長因子」は10代のうちから減少傾向がみられ、30代になると乳児の持つ幹細胞の数に対して約4%まで減少します。年齢を重ねると、傷が治りにくくなったり、肌のターンオーバーが滞ってシミやたるみになったりするのはこのためです。

ヒト骨髄幹細胞に含まれる「サイトカイン・成長因子」を補給すると、細胞の増殖・分化を促す生体信号が細胞間で再び活発にやり取りされるようになり、衰えた肌を新しく健康な肌へ生まれ変わらせることができるのです。

なぜ幹細胞の中でも”ヒト骨髄幹細胞”なのか

細胞は傷つくと、SOSメッセージを骨髄に送ります。傷ついた細胞からのSOSを受け取った骨髄幹細胞は、血流にのって傷ついた細胞へ移動し、細胞の修復・再生をします。
骨髄幹細胞は、身体のあらゆる場所の修復と再生をすることができる「修復・再生のエキスパート」なのです。

治療で使用するサイトプロ(ヒト骨髄幹細胞培養液)の安全性

サイトプロには、お肌を若々しく導く「生体信号」のみを配合しているため、細胞や細胞の一部、細胞残留物は一切含まれていません。
拒否反応は、細胞を包む細胞膜が自身か他人かを判断し反応を示す作用のため、細胞が入っていないサイトプロは拒否反応の心配は一切ありません。

さらに、サイトプロは厳しいヘルスチェックをパスした若い(平均年齢20歳)ドナーから骨髄をほんのわずか採取し、その中から取り出した間葉系幹細胞を培養して抽出します。
これらの採取・培養・保管は、FDA(アメリカ食品医薬品局)規制に準拠した管理体制のもと行われています。
また、厚生労働省が定めるヒト由来成分に関するガイドラインにも準じています。

サイトプロ(ヒト骨髄幹細胞培養液)に含まれる「サイトカイン・成長因子」の種類

サイトカインは、体内におよそ800種類存在すると言われています。サイトプロには「TGF-β3」と呼ばれるサイトカインが多く含まれています。TGF-β3には上皮細胞や血管内皮細胞の増殖や新生を促進する働きがあると言われています。

代表的な治療法

ウォブクリニック中目黒では、水光注射による注入、エレクトロポレーション導入、フラクショナル炭酸ガスレーザーやダーマローラー施術直後の肌への塗布など、サイトプロ(ヒト骨髄幹細胞培養液)を補給するための方法を4種類ご用意しています。

水光注射(ダーマシャイン®)

ヒアルロン酸とサイトプロ(ヒト骨髄幹細胞培養液)を混合したものを皮膚の浅い部分に細かく全顔に注入し、肌の弾力性や潤いを高め、内側から輝くようなハリのある美肌にしていく治療法です。水光注射専用の注入機「ダーマシャイン®」を使用することで、均一な深さへ注入し、痛みも圧倒的に軽減できるため、ダウンタイムもほとんどなく美しく仕上げることができます。

詳しくはこちら >>

エレクトロポレーション導入

サイトプロ(ヒト骨髄幹細胞培養液)をエレクトロポレーション導入器を使用して導入します。特殊な電気パルスを皮膚表面に与えることにより、一時的に皮膚に空洞(穴)を作り有効成分の通り道を作ります。これにより肌深部まで有効成分をダイレクトに浸透させることが可能です。肌への成分浸透率は、従来のイオン導入の約20倍の効果があるといわれています。

詳しくはこちら >>

フラクショナル炭酸ガスレーザー治療(マドンナリフト)

レーザーを点状に照射し皮膚にミクロの小さな孔(あな)を開け肌を入れ替える治療です。孔(あな)があいている状態でサイトプロ(ヒト骨髄幹細胞培養液)を塗布することにより、肌の奥にまで送り届け高い効果を発揮します。小さな孔(あな)の周りに発生する熱作用により、周りの皮膚が収縮し新しいコラーゲン生成を促していくことで、肌の若返りはもちろん、毛穴やニキビ痕・傷痕を改善します。

詳しくはこちら >>

ダーマローラー

非常に細い針で肌に小さな穴を無数に開け、肌の生まれ変わりを早めてコラーゲンの増殖を促進します。表皮の角質と真皮に開いた穴にサイトプロ(ヒト骨髄幹細胞培養液)を直接塗布することにより、肌の奥にまで送り届け高い効果を発揮します。

詳しくはこちら >>