1. TOP >
  2. リバースピール

リバースピール

リバースピールは①トリクロロ酢酸と過酸化水素とコウジ酸配合剤②乳酸③フルーツ酸の3段階ピーリングで治療する肝斑及び色素沈着の治療です。真皮の奥から表皮に向かって治療することで肝斑や色素沈着を緩和していきます。レーザー治療では取り切れなかった肝斑や難治性または再発性のメラニン沈着への効果が期待できます。ホームケア美容液「リバースセラム」を併用することで再発しやすい肝斑のアフターケアも可能です。

施術の特長

  • メラニン沈着及び真皮表皮の色素過剰を修復する段階的な治療です。
  • 皮膚深層から表皮再生を促すことができ、肝斑や色素沈着改善はもちろんのこと肌質改善に効果的です。
  • レーザーでの治療でとりきれなかった色味や、レーザーが肌に合わない方へおすすめの治療です。

施術概要

お化粧 お帰りの際いつものようにしていただけます。
痛み 施術中及び施術後は多少の熱感とピリピリ感があります。
所要時間 1時間程度
施術回数 2~4週間毎に5回以上定期的に行うと効果的です。

症例※効果には個人差があります。


  • 施術前

  • 13回施術後

  • 施術前

  • 6回施術後

  • 施術前

  • 4回施術後

  • 施術前

  • 7回施術後

※これらの症例は薬剤製造メーカーWiQoのデータです。

施術の流れ

カウンセリング・診察

お肌の状態をドクターが診察し、治療内容についてをお伝えします。
※リバースピールは、通常ダウンタイムのない治療ですが、お肌の状態が治療に適していない場合は、赤みやかさぶたなどが現れる場合があります。

クレンジング・洗顔

通常のクリニックではセルフクレンジングですが、経験豊富なスタッフがクレンジング、泡洗顔を行います。

施術

RsP1(トリクロロ酢酸/過酸化水素/コウジ酸)をマッサージしながら色み部分に塗布します。完全に浸透したら拭き取り、RsP2(高濃度乳酸ピーリング)とRsP3(フルーツ酸&ベータヒドロキシ酸ピーリング)を順次塗布します。多少のピリピリ感や熱感を感じることがありますが問題ございません。

アフターケア

仕上げにリバースセラムを塗布します。
リバースピールにより、赤みやほてりが多少出る場合もありますが、通常1日程度でおさまりますのでご安心ください。大変乾燥しやすい状態のため、充分な保湿とUVケアをしっかりと行ってください。
※専用ホームケアをおすすめします。

副作用

治療後に発赤、発疹、痛み、腫れ、瘡蓋、ひりつきが起こる場合があります。