1. TOP >
  2. BNLS注射

BNLS注射

PICK UP

BNLS注射はダウンタイムがほとんどなく、数日で効果を実感できる小顔治療です。植物由来のメディカルハーブを使用した薬剤を、皮膚下の脂肪層に注入します。脂肪融解を助ける作用、リンパ循環作用、肌の引き締め作用の3つの働きにより、運動や食事制限では落とすことが難しい顔の脂肪を効率良く減らし、ダウンタイムがほとんどない「顔痩せ」を実現します。また、加齢で脂肪が下がることによるたるみや二重あごも予防します。脂肪細胞数自体を減少させるためリバウンドの心配も少なく、すっきりとしたフェイスラインをキープします。

施術の特長

  • ダウンタイムがほとんどなく、数日で効果を実感できる小顔治療です。
  • 脂肪細胞数自体を減少させるためリバウンドの心配がありません。
  • 二重あごや頬のふくらみなど、気になる部分を狙った部分痩せが可能です。

施術概要

お化粧 BNLS注射部位をこすらないよう注意してください。通常通りお化粧をしてお帰りいただけます。
痛み 針を刺す際に多少の痛みはありますが、施術時の痛みはほとんどありません。
痛みに弱い方にはご希望により麻酔もご用意しております。
所要時間 注射の注入範囲にもよりますが、1部位の施術時間は約5~10分程度です。
施術回数 1~2週間毎に、3回程度行うと効果的です。

症例※効果には個人差があります。


  • 施術前

  • 施術3回後

  • 施術前

  • 施術3回後

施術の流れ

カウンセリング・診察

患者様のご希望をお伺いし、注入する部位を特定します。

麻酔 ※ご希望の場合

施術部分に麻酔クリームを塗布します。20分~30分程度で効果が現れます。

マーキング

的確な施術を行うために注入部位にマーキングを行います。

施術

ご希望の部位へ直接BNLSを注射します。

アフターケア

・融解した脂肪を燃焼させるために治療後3日間、1時間程度の有酸素運動を行うとより効果的です。
・洗顔・お化粧は当日から可能ですが、BNLS注射部分は2~3日強くこすったりしないように注意してください。
・BNLS注射治療当日の入浴・飲酒・過度な運動・サウナはお控えください。

施術詳細

他の小顔注射(脂肪融解注射)との違い

腫れない
他の脂肪融解注射は注入部位の腫れや熱感が2~4日間続くことがありますが、BNLS注射は腫れや熱感を伴わない治療のため、ダウンタイムを気にすることなくお受けいただけます。

即効性が高い
他の脂肪融解注射は脂肪量の変化を確認するのに最低2~3週間を要しますが、BNLS注射はわずか2〜3日で脂肪量の変化を確認することが出来ます。

短い治療間隔で再注入できる
他の脂肪融解注射の治療期間は通常2~3週間を要しますが、BNLS注射は1週間の間隔で治療することが可能なため、短期間で理想のフェイスラインに仕上げることが出来ます。

おすすめ併用治療

ウルティマ・アンサンブル

キャビテーション(超音波により起こる脂肪融解作用)とRF(高周波)を組み合わせた部分痩身治療です。脂肪細胞のみを融解させる超音波キャビテーションで、脂肪細胞数自体を減少させるためリバウンドしにくいダイエットが可能です。さらにRF(高周波)により、融解した脂肪を効率よく体外へ排出させ、皮膚も引締めるため、たるみのないハリのある小顔へ導くことが可能です。

詳しくはこちら >>

エラボトックス

奥歯を噛み締めた時にエラが張り出す方におすすめです。ボトックスにより咬筋の動きを和らげ退化させることで、エラ張り顔を改善しフェイスラインのすっきりした小顔へと導きます。

詳しくはこちら >>